タテさんLIVE

18日。
ポレポレにて、タテタカコさんの「ミチロウさん応援LIVE」でした!
仕事を切り上げて、速攻でヨコヤマとmakiちゃんと合流して3人で福山へと!
e0356014_11461475.jpg
いやあ、楽しみにしてました!
e0356014_11462663.jpg
いきなり最初にyuさんが唄ってくれました!ミチロウさんを応援するyuさんのオリジナル曲がとってもいい感じです!
タテさんが絶妙のコーラスでそれをサポートしていくのが、本当にすごかったなあ!
そんなこんなで、いきなりとっても良い空気感に包まれて、
e0356014_11462934.jpg
それからもう、本当に、タテさんのLIVEも最高に素晴らしくて!!

e0356014_11463116.jpg
LIVE後には、気さくにみんなで写真もとったりして楽しかったな!!
ヨコヤマとmakiちゃんは、「音の空気にふわふわーっと包まれているようだった」ってなことを言ってたなあ。ワタシも、なんだか、冬晴れの早朝のように凛として清々しい空気が胸いっぱいに浸透してくるような、孤独と温かさが一気に押し寄せてきて、そして気がつけば白く浮かぶ月に見守られているかのような・・・。そんな感覚でした。
ともあれ、素晴らしい音楽に包まれて幸せな時間でした。
ありがとうございました!!きっと、ミチロウさんへのたくさんの気持ちがご本人にも届くことと思います!!

今週末、土曜日にはポレポレ帰省です!また気持ちを引き締めて、福島や東北に心の中で会いに行くために、そして自分たちの新しい唄を唄いに行きます!!
2019.02.23(土)POLEPOLE(福山)
東北復興応援ライブ vol.96


# by kazeashi | 2019-02-19 12:46 | THE KAZEASHI | Comments(0)

農園だより.131

16日。いい天気。
朝からカゼアシはアビエルトに集合。
とにかく、この日のうちに、月末に植えるジャガイモの準備作業をやっておくのだ!

てなわけで、
e0356014_10191484.jpg
肥料と石灰分を買いに出かける!

農園に戻ってから、まずは、ジャガイモを植えるエリアの雑草を取り除く作業。
腰が痛い、、、苦笑。。

それができたら、軽く耕してから、
e0356014_10191691.jpg
畑に肥料をまき散らす!(笑!)
e0356014_10191914.jpg
さらに、耕運機で丁寧に耕していきます。
e0356014_10192138.jpg
おりゃあああ!(笑)
e0356014_10192475.jpg
良い土の色になってくるのが嬉しいですねえ!
e0356014_10192638.jpg
よっしゃあ!準備完了!
てなわけで、月末にはジャガイモを植えていきますよ!

そして、今年の収穫祭は、7/14(日)に開催です!
頑張って美味しいジャガイモつくりますので、乞うご期待です!(^-^)ゝ


# by kazeashi | 2019-02-18 12:18 | 農園だより | Comments(0)

死刑囚の絵展にて

13日。
e0356014_10112337.jpg
アビエルトにて開催中の「死刑囚の絵展」へ。

この夜は、広島でご活躍中の絵描きさん達が6,7名かな?集まってくださり、様々な意見交換をしました。

絵描きさん達だけではなく、他の表現活動をされている仲間たちも(音楽という分野ではカゼアシだけだったけど)集まって、意見を交換したりできました。

その中でも、やはり「絵に対する絵描きさん達のコメント」はとても深みがあって、いろいろと響いてくるものがありました。

中山さんの解説もとても素晴らしくて、大槻さんのフォローもすごく分かりやすくて、実に有意義な時間でした。

みなさん、いろいろ勉強させて頂き本当にありがとうございました。


なかなか簡単に感想を書けるようなテーマではないのですが、個人的な思い(死刑反対の考えを持っている理由)をいくつか簡潔に書いておきます。

私の勝手なる稚拙な考えなのですが、いま、こんなふうに思ってます。

・冤罪の可能性がある死刑囚、または明らかに冤罪である死刑囚がたくさんいらっしゃるという事実を知るべき。まさに、今この時代にも国家による人殺しが行われているという事実を知るべき。我々は、まずそれにもっと向き合うべきだと思う。例えば日常会話での「死刑にしてしまえばいいんだ」「そうだそうだ」などという発言も実は非常に大きな危険をかかえていることを知るべきだと思う。

・もちろん、死に値するようなとんでもない残虐な犯罪者もいます。けれど、社会全体が一斉に「それに対峙して考え続ける」ことを放棄して、「死刑だ!殺せばいいんだ!殺してしまえ!」という思想に染まりきっていく社会的風潮になるならば、死刑は「戦争容認につながる大きな種のひとつ」でもあると思う。これが本当に怖いと感じます。

・死に値するような犯罪者への社会的制裁をどのようにしていくべきかということと、被害者側への様々なケア(精神的・経済的なことを含め)は、まったく切り離して考えるべきだと思う。殺して終わらせる・・・。もしも自分が被害者側であれば、、感情的な部分ではある意味、理解できる。けれど・・・それでも、しかし、それは長期的に見れば、壊れてしまった心を憎しみの連鎖でさらに粉々にしていくことにしかならないと思うからです。だから、被害者側への精神的・経済的なケアを含め、その点を、もっともっともっと手厚く充実したものにしていくべきと思う。

・現在、死刑は我が国の刑事司法の根幹だとされているようですが、ところがじっさいに自ら死刑を望み極悪非道な犯罪をおこす犯罪者がいるかぎり、死刑は犯罪の最終的な抑止力にはならないと思う。


まだまだ、うまく言葉にできない感情も渦巻いているのですが・・・、
今の勉強不足な自分では、ひとまず自分の考えを整理している状況です・・・。

人が人を裁くということについて、これからも考え続けていきたいと思います。


アビエルトでは「死刑囚の絵展」を2/17(日)までやってます。
死刑がかかえる様々な問題に向き合い、考えてみるきっかけになると思います。
もし、よろしければ、ぜひお運びください。

----------
「死刑囚の絵展」
大道寺幸子・赤堀政夫基金「死刑囚表現展」2018年応募作品を中心に
e0356014_10100593.jpg
2018年7月の2回に亘るオウム真理教関連者13名の死刑執行は、マスコミの報道・論評等によって、死刑制度の賛否はともかく、死刑に対する世論の流動化を少ながらず惹起したのではないだろうか。加えて、日本弁護士連合会による死刑制度廃止の決議、近くは「死刑制度を考える国会議員の会」の再結成、それが全く不充分なものであったとしても、双方に討議の窓口は作られているのである。何故「死刑は我が国の刑事司法の根幹」(山下法相談)なのか。この期に死刑執行を一時停止して、死刑廃止の意味と目的について、広汎な論議を生起させる必要があるだろう。「死刑囚の絵展」の開催もそのささやかなひとつでありたい。死刑囚の絵画作品に直接向き合うと、彼(女)らが国家によって殺されてはならない固有の人格と人権を有する人間であることを強く訴えてくる。
2018年12月27日、新たに2人に対する死刑執行を耳にしながら(カフェ・テアトロ アビエルト)
e0356014_10100899.jpg

----------



# by kazeashi | 2019-02-14 12:08 | THE KAZEASHI | Comments(0)

耕す

カゼアシのやってる畑ではありませんが・・・(笑)
うちの両親が借りている市民菜園で、ジャガイモを植えるというので、
e0356014_16515368.jpg
その準備としてちょいと土づくりのために耕してきました。
野菜作りが趣味なので、市民菜園を借りているのですが、そうは言っても、さすがにもう親もいい年なので、できる限り手伝うようにしていきたいと思ったり。。

e0356014_17030672.jpg
カゼアシは、新しい曲が形になってテンション上がったり、(笑)
レコーディングに向けての選曲やアレンジの見直しなども進めています!
LIVEの選曲なんかもあるし、なんだかとっても忙しくしてます~(^-^)ゝ

e0356014_16515514.jpg
こちらは、絵描きのMakiちゃんが描いてくれたカゼアシがつくった赤ジャガ(アンデスレッド)です!(写真がピンボケでごめんなさい~、、)
いやあ、とにかくもう、すごいのだ!!(笑) 見てるとなんだか落ち着くんだなぁ~!


# by kazeashi | 2019-02-12 18:10 | THE KAZEASHI | Comments(0)

新しい唄を

みなさま、お元気でしょうか?
本当にいま、風邪やインフルの人が多いですねえ。。
大事なのは、やっぱ、、、しっかり睡眠!っすかね?(笑)

さて、我々カゼアシは、久々に?新しい唄をつくってます。ヨコヤマとガッツリ音合わせしながらカタチにしていってます。
次のポレポレ帰省時には演奏できると思います(^-^)ゝ
e0356014_11171076.jpg
それでは、みなさま、また元気に会いましょうー!


# by kazeashi | 2019-02-08 12:17 | THE KAZEASHI | Comments(0)