続・音楽はすばらしい

~山口洋さんをお迎えするにあたり~

ロックバンドHEATWAVEのギターボーカルであり、
MY LIFE IS MY MESSAGEプロジェクトの首謀者でもある山口洋さん。
その音楽、そして行動、言葉に、
どれだけの勇気とパワーをもらってきたことか。

・MY LIFE IS MY MESSAGEプロジェクト公式サイト
http://mylifeismymessage.jp/

来月9月22日(祝)、福山ポレポレにて。
2年ぶりに山口洋さんがやって来てくださいます。
カゼアシはオープニングアクトとして参上いたします。
この機会に、山口洋さんの音楽に触れたことの無い方にも、
ぜひお越しいただければ幸いです!


ところで、我々としては、
洋さんが身を粉にして放ったエネルギーを、
ただ受け取るだけでは何も成さないのと同じだと感じています。
(ポレポレのドアを叩いたのも、それがきっかけでした。)
カゼアシは、地方の有象無象とは言え、
本気でロックンロールを鳴らす気持ちを持つならば、
洋さんが巻き起こしたエネルギーに呼応して、
我々にできることを自ら汗をかきながら実行あるのみ。

もちろん我々の力だけでは大きなことはできないけれど、
(仲間の少ないカゼアシですけど、同志と共に。。)
小さな事なら何かできるはず。
それを「自らの責任と決意」で継続するのみです。
ポレポレ方式でのSmall Rock'n Timeは、その一つです。

やがて、それらが福島に、日本に、世界に、
そして自分達自身に対して、
信じるに値する循環となっていくように。
(掲げる夢は大きくてええのです!)

e0356014_13323076.jpg
e0356014_13323694.jpg
e0356014_13323455.jpg


以下、
山口洋さんのことをご存じない方にも、洋さんの御心遣いや御配慮も含め、そのお人柄など、なにか伝わるものがあると思い、ご紹介させていただきます。
よろしければご覧くださいませ。

・山口洋さんが先の8月6日にご自身のブログで紹介してくださったもの。
http://no-regrets.jp/wordpress/?p=16818

・2年前にポレポレに来られた時に、洋さんが書いてくださったもの。
http://no-regrets.jp/wordpress/?p=9362

いずれも身に余る光栄と共に、目頭熱くなりました。
あらためて、魂が震えます。

振り返ってみれば、ポレポレに通うきっかけを作ってくださった洋さん。
そして洋さんのO.Aというチャンスをくださったyuさん。
最大限の敬意と感謝をこめて、
9/22には全身全霊にて挑みたいと思います。

こういうチャレンジに魂を焦がすことができることは
カゼアシにとって何よりも嬉しい事であります。


こちらは、MY LIFE IS MY MESSAGE TOUR 2015より届いた「新しい風」の映像です。

# by kazeashi | 2015-08-18 12:34 | THE KAZEASHI | Comments(0)

夏の空と太陽

暑いっすね。
70年前の今日、どんな空が見えたんでしょう。

e0356014_21362487.jpg
皆様、お変わりありませんか。

e0356014_21362954.jpg
まさに夏。という感じですね。


つい先日、ヨコと仕上げたカゼアシの新曲。
夏らしい疾走感あふれる1曲になりました。


「Fly away」

one.two.three.four. 4っつ数えてあのドアを開けたんだよ
five.six.seven.eight. ステップ踏んだらあの空へと飛べんだよ
oh… Fly away

誰にも見えない小さなガラスの青い首飾りに
そっと呪文を唱えて足を踏み出してみるだけなのさ
oh… Fly away

 今より未来に何をつなぐ?
 夢か!絶望か!希望なのか!


サイゲンなくふくらんでゆくニンゲンの欲望だとか
何よりも足るを知ることの大切さを忘れないとか
oh… Fly away

少しイメージしてみようぜこのまま世界は続くのかな
地球の裏側じゃ俺たちのゴミですべて腐りはじめてる
oh… Fly away

 今より未来に何をつなぐ?
 夢か!絶望か!希望なのか!

 選ぼうぜ
 さあ、決めようぜ
 飛び出そうぜ
 Fly Away! Fly Away!


# by kazeashi | 2015-08-15 21:38 | THE KAZEASHI | Comments(0)

盆。お墓参り

あの原爆キノコ雲の下を様々な偶然のもとで生き抜いた祖母。
幼かった父親と、その姉(叔母にあたる)を連れ、
そして重傷の祖父を大八車に乗せて逃げた。

被爆体験は、
よほど思い出すのが辛かったのか、
父親には何も語ることなく亡くなった。
それゆえ、父親は被爆者でありながら、まだ幼かったこともあり何の記憶もない。
ただ、自身の被爆手帳に、爆心地より1.6kmと書かれているだけ。
叔母も原爆を語ることは避けていたような気がします。
首に大きな傷跡があり、「ピカにやられた」と。

ピカとは、原爆の事です。
ある世代より上の広島の人は、そう呼びます。

祖母は、その晩年、私が二十歳を過ぎてから、
私にだけはいろいろと、ゆっくりと少しづつ伝えてくれました。

その時の衝撃と、
心に受けたとてつもなく大きな闇。
とても言葉では表せないけれど。

祖母曰く、「ピカはいけん。あれなもん、落としちゃいけん」。


ともあれ、今年も8/6が過ぎ、盆が来た。

e0356014_22071196.jpg
実は去年の広島土砂災害で、墓地の半分以上が流されました。

ここでも、祖母たちは様々な偶然のもと流されることなく助かりました。
8/6には行けんかったけど、ひとりでしっかり掃除もしてきた。

流されたお墓のために、慰霊碑が建てられていました。

e0356014_22071489.jpg
流されてしまったお墓のぶんまで、
e0356014_22071775.jpg
手を合わせて来ました。


ともあれ、私はいま、様々な偶然のもとで、生きてます。

この命をどう全うするか。
虚飾はいらない。

祖母が言えなかった何か・・・。
広島市内を見渡す窓辺で話を聞かせてくれたあの時のこと。

これからも、対峙していくしかありません。


# by kazeashi | 2015-08-13 22:08 | Comments(0)

音楽はすばらしい

9日のこと。

長崎原爆の日。
11時2分に黙祷。
休日だったので式典の中継もリアルタイムで見れました。


午後からはヨコとスタジオに入り、ポレポレで体験したKIKIBANDの演奏にビシバシ刺激を受けて、取り組んでいた新しい曲とガンガン格闘。
(KIKIBANDは、あまりにも凄い!すご過ぎて笑うしかないっす。。笑)
だけど不思議なことに、いい音楽に全身を貫かれた後ってのは、何を演奏しても何か新しい刺激がそこに加わったような気になります。
単細胞の馬鹿って、こういう事でしょうか。。

そんなわけで、今月22日のポレポレ帰省では新しい曲を披露できそうです。

(ちなみに、ワタスはこの頃、遠藤ミチロウさんの「冬のシャボン玉」がお気に入りで、ことあるたびに口ずさんでしまいます。笑)


そして。

いよいよ来月9月22日(祝)は、HEATWAVEの山口洋さんが福山ポレポレにお越しになります!
我々は、オープニングアクトとしての重圧がありますが、当日に向けて全力を尽くしていきます!

そのことについて、もう少し書いておきたいことがありますので、それはまた後日。


そして、こちらは、MY LIFE IS MY MESSAGE TOUR 2015より届いた「新しい風」の映像です。
素晴らしいですので、ぜひご覧くださいませ!チャボさんもギター弾いてますよ!

(以下、洋さんのコメント)
--------
MY LIFE IS MY MESSAGE TOUR 2015。女性ゲスト3人を迎えてお送りした関東3公演。林ワタル監督による「新しい風」の映像が完成しました。メッセージはすべて音楽の中に込めました。楽しんでください。この映像、シェア歓迎っす。
--------




つづく。


# by kazeashi | 2015-08-11 18:20 | THE KAZEASHI | Comments(0)

朴保さんO.A報告!

6日のこと。

ポレポレからミチロウさんLIVEの余韻に浸りつつ帰宅して一息ついたら夜明け前。。
でしたが、朝、8時15分には起きて黙祷をささげました。


それから一休みして、ヨコとスタジオに集合して、いざ朴保さんのオープニングアクトへ。

JUGEMUに到着して、ルーシーさんがいきなりラーメンをご馳走してくださって、腹が減ってボーっとしていたので助かったっす。。(笑)

e0356014_11161372.jpg
これはリハーサルが終わったところ。みんなの楽器が並んでます。
P.Aは以前もお会いして仲良くしてくださっているHIRAIさん。
おかげで安心して演奏できました。


正直なところ、前日の福山ポレポレよりも、ここ広島でのステージの方がアウェイ感が半端ない。。
客席は、朴保さんのファンと広島で活動されているプロの音楽家の方々。
雰囲気に飲まれないよう、集中。。
(そんな中で、遠方よりカゼアシを聞きに来てくださった母娘の方がいらっしゃって、嬉しかったデス。ゆっくり話ができなくて残念でしたが、本当にありがとうございました!)

ライブが始まって、最初は冷めた感じだったけれど、だんだん温まってきて、後半には大きな拍手を頂けたのでうれしかったデス。

しかし、今後に活かすべきことや、改善すべきことなども見えて、
あらためていい勉強になりました。
我々のような地方の有象無象(だからこそ)が、本気でステージに立つならば、
音楽やステージに対する姿勢について、自分と正直に向き合い、しっかりと対峙していかねばと思いました。
己の虚飾をひけらかすくらいなら、真摯なる恥をさらせ。その先にしか、“ロックンロール”を信じるに値するものにするための魔法は存在しないのだ。(byワタシ)笑
と、自分に言い聞かせてます。

(そんなとき、口ずさむ唄は、yuさんの「くだらない唄」。ワタスはあの唄が本当に大好きだ。)
それでも、LIVE後にいろいろと声もかけて頂けて、嬉しかったです。
皆様、本当にありがとうございました!

ちなみに、カゼアシの演奏写真は、ありません。。(笑)


そして、いよいよ朴保さんの登場。

e0356014_11161331.jpg
今回のバンドメンバーは、ドラム、ベース、フィドルバイオリン、コーラスを従えての5人編成。敏腕ミュージシャンによる圧倒的な演奏力と、熱いメッセージ。

e0356014_11161435.jpg
広島のことを、本当に熱く想ってくださっている朴保さん。


打ち上げでは、JUGEMUルーシーさんから、お刺身などの大御馳走をたっくさん出していただき、バンドメンバーや関係者の皆さんで盛り上がりました。

そのうち、朴保さんが、
「セッションしよう!」とステージに出ていかれまして、ワタスどもも一緒に何曲だったか忘れましたが、4、5曲ブルースや、何か知らない曲などを演奏しました。
午前3時ごろですけど、(笑)
もう、疲労と眠気で頭もグラグラ状態になっていて、何が何だかわからないけど必死でギター弾いた記憶だけはあります。けど、楽しかったです。

朴保さんが「今日は広島の精霊達のために朝まで演奏したいんじゃー」と、ダダをこねておられましたが(その気持ちにウルっときました)、ツアーもはじまったばかりという事で、メンバーの皆さんに止められてセッション大会も終わりました。(笑)

家に戻る頃は、東の空が明るかったです。。苦笑。
ボロ雑巾のようになってくだばりました。

e0356014_11161440.jpg
ありがとうございました!
また、お会いできる日を楽しみにしています。


カゼアシ、夏のO.A.2Days。
まずは、なんとか乗り切ることができました。
本当に濃い2日間でした。


さらに精進を重ねて成長し、皆様と再会したいと思います。

重ねてありがとうございました!


忘れないうちに、この日のセットリストです。
1.風ン中
2.ジェーン
3.夢
4.満月の夕
5.自由の唄


e0356014_11161560.jpg
翌7日の平和公園です。


# by kazeashi | 2015-08-10 12:20 | THE KAZEASHI | Comments(0)