2016年 01月 13日 ( 1 )

コオロギ

10日。農園に行く前の話。

このごろYouTubeに凝っているヨコヤマ監督の指令にて、農園近くの河川敷で演奏してみようという事になった。(笑)
ワタシが、「ワシらのYouTubeなんか特に誰も見とりゃあせんじゃろう」と言うても、ヨコが「その時その時のカゼアシを記録しときたい」などと言うので、「なるほど、ええことを言うなあ」、と思って協力することにした。(笑) そのあたり、さすがスマホ世代。(もっとも、いまどきスマホ持ってないのは、ワタスぐらいかもしれんけど。。苦笑)

e0356014_10152585.jpg
せっかくならガツンと激しい曲をやりたいと思っていたけど、この風景の中に座ってみると、すっかりそんな気分でもなくなってしまった。。
じっとしていると風が冷たいけど、冬晴れの空気が気持ちよかった。
んで、「たしかコオロギの動画は無かったよのう」という話になり、コオロギを唄った。とてもシンプルな唄です。いまだに、うまく表現できないけど。(笑)
この唄は、自分でつくっといてナンですが、、もっと年を重ねて成長して、もっといい演奏ができるようになりたい(すべての曲がそうですけど、笑)。けど、まあ、これは40代半ば&30代後半コンビの未熟なる記録のひとつってことで。。(笑)

コオロギ/KAZEASHI


「コオロギ」

秋が終わり冬が来て、また春になり夏が来る
矢のように過ぎていく、季節がまたひとめぐり

寒かった日のことや、暑すぎた蝉しぐれ
年を重ねていけば、思い出は遠くなる

 珈琲の香りに癒されて
 緩んだ涙腺に滲む月明かり
 oh..旅に出遅れたコオロギが、
   小さく鳴いてるぜ


夜空を見上げてみれば、月にかかる浮浪雲
どこから来てどこへ行くのか、君は今日も一人旅

 珈琲の香りに癒されて
 緩んだ涙腺に滲む月明かり
 oh..旅に出遅れたコオロギが、
   小さくないてるぜ


なんだか、実に良い天気で心地良よかったので、適当にオマケを撮影。(笑)


--
そうじゃなあ、ヨコや。
誰が見るとか、誰も見ないとか、そんなことは、カゼアシにゃあ確かにどーでもえーな。
音(曲)については、ワシらが本気でやっていることを、たまには記録していく事には賛成じゃけえ、カタチにしてきた曲をこの先もタイミングを見ながらズバッと一発録音でアルバム的にまとめることは続けていこうと思う。
動画は・・・、これまでどうも気恥ずかしかったけど、なんとか協力していくことにする。(笑)
いろいろ未熟なれど、それは「生涯精進あるのみ」じゃけえ。「素晴らしきかな伸びしろ!」だ。(笑)。
(すまんが、大金を投入してレコーディングスタジオに行くという事には、もうあまり興味ない。。まあ、わしらは、それより野菜つくったほうがええんよ。きっと演奏の糧になるよ。(笑) PCで自主レコーディングとかもね、そりゃできたらいいけど、その前に、ワシらはせーので音をあわせて練習だよ。笑)
その道のりの中で、誰かに何かが届くように、つまり、ポジティブなエネルギーの連鎖を信じることができるように、進んでいこう。
ロックンロールを信じるに値するものにできるかどうか、それは、わしら自分たち次第なんじゃけえ。
KAZEASHI、まったく不器用で変てこなバンドじゃけど、一歩ずつ前向いて進みたいけえのう。
さあ、音を鳴らしに行こうか。

[PR]
by kazeashi | 2016-01-13 12:55 | THE KAZEASHI | Comments(0)