「IKIMASU.広島」に合流。安浦へ。

13日。
猛暑・・・。

この日は、IKIMASU.広島のボランティア活動に合流すべく、呉市安浦の避難所になっている安浦会館へと。
道中、さまざまな場所で道路が寸断されていたことを物語る現場を通る。
大渋滞になっている場所もあったけど、なんとか午前中に安浦会館に到着。

こちらは、大策くんが案内してくれた被災現場。八木の土砂災害を思い出してしまいます・・・。
大策くんたちは、連日の猛暑の中で、
家屋に流れ込んだ土砂を運び出す作業を、黙々と続けています。

安浦会館では、IKIMASU.広島のメンバー達が流しそうめんやカキ氷を振舞ったりしていて、
つらい経験をしたばかりの子供達は大喜び!!ワタシも一緒に食べて大喜び!笑

外で何もBGMがないとちょっと寂しかったので、なんとなく邪魔にならないように勝手にギターを弾いて雰囲気を盛り上げていると、いつの間にか親子がやって来てヨコのジャンベを叩いてくれたり。こういうの、ほんと楽しいね!(家で何十年も壊れたまま眠っていたギターを修理して大活躍!ピックアップはついてないけど、生音で使うならバッチリ。)
子供達が自分達で考えたダンスをしてくれたり。

そしたら、安浦会館の職員さんが我々にも、「ぜひいつもやっている音楽をやってください」って話してくださって、
我々はこっそりBGM係りで十分だと思っていたけれど、せっかくなのでカゼアシのミニLIVEもしました。炎天下で熱い演奏したぜよ!笑。マイクもアンプも使わずにやりました。それって、無意識になんとか大きな音を鳴らそうとしてしまうので、結局いつもより力が入って、ぶっちゃけ4曲あたりで倒れそうでした。笑!。大策くんとの共作「MESSAGE」もやりました。IKIMASU.広島のメンバーさんたちも喜んで聞いてくれてよかったな!

館長さんが、「帰る家が無くなってしまった人もいるので、童謡のふるさとを、この安浦のふるさとのことを思って歌ってほしい」というリクエストをくださり、
みんなでふるさとを歌いました。
(ちなみに、なんとこの日、似顔絵の先生として安浦会館にきていた絵描きのチエちゃんと偶然に再会!ここは、アビエルトかよ?みたいな展開にびっくり。笑)

e0356014_14091396.jpg
夕方には、いろいろ片付けてグラウンドでヒグラシの声を聞きながら、夏の風に吹かれてビールを飲んだりして、ちょっと心地よい気分だったりして。。
ウクレレを鳴らしたりして、みんなで空を見ながら、ぼんやりと過ごす時間が、最高に贅沢で、大策くんと「こうやって、皆で昼間に汗を流して働いて、日が暮れたら一緒に空でも眺めて、歌でも歌って暮らせたら、最高だね」ってな話をしたり。

夜になると、子供達が楽しみにしていた花火大会!
大量の花火を準備していて、思う存分心ゆくまで花火を楽しんでね!っていうスペシャルな時間。
e0356014_14134876.jpg
我々は、その雰囲気を盛り上げるために、延々と即興で演奏をしました。アフリカンな音楽を鳴らすカリンバ奏者さんが飛び入りで参加してくれて一緒に音楽を鳴らしながら、大策くんやIKIMASUのメンバー達が思わず踊りだしたり、子供達は大歓声で花火をしたり!色とりどりの花火の炎と、煙のなかで、楽しげに鳴り響く音楽と、踊りだす大人たち、子供達の笑顔と歓声。
e0356014_14135848.jpg
まるで、夢でも見ているかのような幻想的な時間。

e0356014_14144954.jpg
最後に、館長さんも感極まったかのように感謝の言葉を述べてくださいました。
(お隣の女性は娘さんでしかも町の職員さんで、しかもハードロックバンドをやっているということで、なんかとっても面白かった!安浦町最高!笑)

片付けて帰宅すると、既に日付が変わろうとする時間。
帰りながらヨコヤマと「音楽でここまで誰かの笑顔に貢献できたことは、これからの音楽活動にむけて本当に大きな宝物になった」としみじみ話しました。

気がつけば50も近き年齢のせいなのか、日ごろの仕事場でのストレス疲れなのか、音楽活動の蓄積疲労なのかわからないけど、持病の頭痛がひどく、さすがにバテてしまったけど、翌日も朝からIKIMASU.広島のメンバー達は土砂のかき出し作業などに駆けつけるとのこと。ワタシも一緒に駆けつけたい衝動にかられるも、別件の所用があり、心の中で応援することに。。それにしても、大策くんやIKIMASU.広島の皆さんには本当に頭が下がります。だけど、安浦の皆さんの笑顔を見ていると、それが何よりもIKIMASU.広島の力の源になっていると分かります。

「子供達の夏休み。何か楽しい思い出づくりのお手伝いに」と思って駆けつけたけれど、安浦の皆さんと一緒に歌ったり、花火をしたことは、カゼアシにとっても生涯の思い出になりました。安浦の皆様にとって、素晴らしい未来が待っていますように。心から祈っております。

PS:
e0356014_16070210.jpg
IKIMASU.広島の皆さん、本当にお疲れ様です。
皆のために一生懸命そうめんやカキ氷を準備していたヨコタさん親子。会場の様子を見ながら細やかな心配りをしていたマッサーさん。バイクで旅をしながら名古屋から駆けつけたイロハちゃん。誰よりも心を開放して笑ってくれたナオキくん。人懐こい笑顔でカゼアシに接してくれたケンケンくん。福岡から原付で!駆けつけたというしょうたくん。そんな素晴らしいメンバーを率いて活動を続ける大策くん。皆さんのことを心からリスペクトしています!

16日には、また別の現場で「IKIMASU.広島」に合流する予定です!

e0356014_14152687.jpg
ちなみに、こちらは、ジャンベがめっちゃ似合うナオキくん!もはやジャンベとワンセットになっているとしか思えません。笑


[PR]
by kazeashi | 2018-08-14 19:23 | THE KAZEASHI | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大槻さん断髪式!(笑) 「夏の日の悪夢」に向けて >>