10月の報告

14日。

e0356014_09014317.jpg
朝からアビエルト集合。
雨模様にて、畑作業を延期にしました・・・。残念。
はやく大根を植えたいのですが。。

そんなわけで、

e0356014_09015083.jpg
コントの練習、、ではなくて、諸々音合わせ。
e0356014_09015861.jpg
最近のマイブームはウクレレ。(笑)
ウクレレで新しい曲もできたので、近いうちにどんどんLIVEでも演奏できるようにしたいと思いますー。

それから、あれこれと所用など片付けて・・・。。
アッと今に時間は過ぎて、、けっこういい時間になってしまった。。

(時間が遅くなっちゃって、リトルに立ち寄れなくて、それが残念でした~)
急いで高速に飛び乗って、ポレポレに移動!福山はとにかく渋滞しているので、高速降りてからポレポレまでが大変。。

e0356014_09020347.jpg
直近のフライヤーが並んでいたり、
e0356014_09021070.jpg
南三陸の「月と昴」から届いた甘酒が並んでいたり!(また今度、飲みに行こうーっと!)

e0356014_09022686.jpg
さあ、80回目のポレポレ方式のスタートです!
e0356014_09021863.jpg
MC BUSAIKUさんの演奏中に、後ろのスクリーン映像とかぶったり。(笑)
e0356014_09024900.jpg
ノリさんがセッションに誘ってくれて、ノリさんBANDで楽しく演奏したり。ノリさん、声かけてくれてありがと!
e0356014_09024463.jpg
我々はガツンと新曲(「風が吹いたら」「オッサンとガキ」というひどい唄。笑)も演奏ー。ワタシは楽市楽座の萌ちゃん手描きのTシャツですー。
e0356014_09025544.jpg
ジっちゃんも、きっと忙しかったと思うけど、広島から車で駆けつけてくれて、すげえ新曲を披露してくれたり!いい刺激もらったな!

久々にカープ帽子のよく似合うOKAMOTOさんとも会えていろいろ話もできたし。


そしてとにかく、この日は、withyouさんの東北ツアー報告ってこともあって、その話をいろいろ聞かせてくれました。

e0356014_09031841.jpg
yuさんの話は、どうしてこんなに素直に心に入ってくるのかなあ。もし、5年半前にyuさんみたいな先輩に出会ってなかったらって思うと怖いです(笑)、あのままだったらワタシは今頃ひどくひねくれた困ったガキのようなオッサンになっていた気がします・・・^^;。ま、それはさておき、福島そうまで伝授してもらってきた芋煮会をやろう!とか、盛り上がりましたよー!(笑)
最後に、いつもの「東北」を演奏してくれるときに、カゼアシもお邪魔してみました。シンプルでふわーっとした雰囲気と、あの感動的な唄を壊さないように頑張ってみましたー。やっぱ、いい曲だなあー!とってもとっても、心地よく演奏させてもらいました。
yuさんキミちゃん、ありがとうございました!!

ともあれ、こうして毎月仲間が集って継続している中、このタイミングでwithyouさんが福島そうまや南三陸へ行ってきて、実際にそこで見聞きしてきたことを話してくれたのは、本当に大きなことだったと思います。これからの活動の方向性や、モチベーションのこともあるし、そして自分たちのできること・・・というよりも、自分たちが何をするのがポジティブなエネルギーの連鎖につながるのか。。そんなことを、じっくりと考えるきっかけになったと思います。

e0356014_09032992.jpg
あらためて、台風の中、飛行機を諦めて始発の新幹線で東北へと移動してくれたwithyouさんに感謝を伝えたいと思います!


(追:)
こういう日だったので、我々はひっさしぶりに、相馬の盆唄を唄ってみました。

e0356014_09504156.jpg
盆踊り大会の頃にやっていたアレンジではなく、より原曲にちかい雰囲気にて。(って、そんな雰囲気出せてないけど!笑。つーか、出せねえっす!笑)素朴にウクレレでやってみました。おすすめはヨコヤマ伯爵の笛コーナーです。(笑) 




[PR]
# by kazeashi | 2017-10-16 12:18 | THE KAZEASHI | Comments(2)

週末は、ポレポレに帰省!

さて!
いよいよ次の土曜日は、80回目となるポレポレ方式応援LIVEです!

e0356014_10495829.jpg
2017.10.14(土) POLEPOLE(福山)
東日本大震災復興応援ライブ vol.80

地道に続けてくれているyuさんに感謝して、福島そうまの仲間たちのことを想ったりしながら、良い時間にしましょう~!
withyouさんの東北ツアー報告なんかも聞けると思いますよー!

ちなみに、福島そうまでは、
駆け足に過ぎていく秋の中、11日の月命日を迎えたり、福島の観光パンフレットができたりしているようです!
そうまかえる新聞ブログ http://somakaeru.jugem.jp/

e0356014_10495465.jpg
こちらは、そうまかえる新聞ブログより拝借した磐梯山の写真ですー!きっと、菅野とし枝さん撮影ですね!


おまけ:
さいきん、何の知識も全くないままに、ウクレレを自由にポロポロと鳴らしているのですが、これが楽しくて!(たいぞうさんから有難く借りっぱなしになっている。笑)! ウクレレってギターのめちゃ小さいやつとか、そういう感じでもないわけですよ。当たり前か・・。(笑) 独特の軽やかな響きに、気持ちがちょっと軽くなるような嬉しさがある・・という感覚ですかねえ。。で、ワタシは本当にウクレレの知識ゼロなので、コードもギターの押さえ方しか知らないし、いろいろ理屈を無視して好きなようにチューニングしたり。。(笑) 最近、やっと、ウクレレには数種類のサイズがあるということも知ったり。(笑)
そういえば、弦が切れたらどの弦を買ったらいいのかとか、そういうことも知らない。(笑!) 弦については、ちょっと知っておいた方が良いと思うので、今度教えてもらおう!笑
ちなみに、、ワタシがウクレレを弾いても、どうしてもハワイの風はまったく吹いてきません・・・。。どう弾いても、瀬戸内の小さな島の感じ、、っす。(笑)


[PR]
# by kazeashi | 2017-10-12 12:31 | THE KAZEASHI | Comments(0)

追記:我が無知を恥ず

追記です。

インドのボパールにある化学工場(アメリカのユニオンカーバイド社)が1984年に起こした最悪の毒ガス漏れ事故(現在までに死者2万人を超え、いまだ約60万人が後遺症に苦しむ)の犠牲者を悼む碑文にて、歴史の流れを断ち切ることなく広島にも言及しており、このような悲劇が繰り返されることのないように母子像も建てられていますが、
この碑文の広島については、毒ガス工場があった大久野島(広島県竹原市)のことを指しているのかも知れませんね。あるいは原爆による放射能汚染と毒ガス工場による汚染を含めているのかもしれませんが。このあたり、また勉強しておきたいと思います。



[PR]
# by kazeashi | 2017-10-11 21:59 | THE KAZEASHI | Comments(0)

我が無知を恥ず

8日。
とりあえず、まずは朝からアビエルトに集合して、
納得いくまで音あわせ。
ウクレレの使い方についても、カゼアシならではのアプローチが見えてきて、どんどん面白くなってきています。

アビエルトでは、午後から琴のLIVEも入っていたし、
我々は昼一から樋口健二さんの講演を聴きに行くので、早めに大槻さんのランチを頂いて、
広島駅近くの講演会場へ移動。
原発で働く末端の労働者が置かれている過酷な状況と、悲しき現実。

樋口さんは、80歳になるというのに、
ものすごいパワフルでエネルギッシュに話を進めてくださいました。
話を聞くことができて本当に勉強になったし、行って良かった!

そして、コラボで講演してくれたアーサーさんの話も、めちゃくちゃ良かったのです。
というか、とっても勉強になりました。
被爆2世である自分なんて、結局は原爆の歴史や広島の実態について、ほとんど無知なままだと思い知らされたわけであります。
つまり、ほとんど大多数の人は、たぶんそういうことなのかも・・・。

いちばん心に突き刺さり、思ったことは、
広島が世界で初めての「原爆被害」を受けたのではない、、のです。(実戦での大量殺戮という意味ではそうだと思うけど、だけど、)
アメリカの先住民や貧しい人々がウランを掘り出し、そして核実験という名のもとに、本物の原爆によって被爆し、闇に葬られてきた事実。そうしたことを闇に消し去ることなく、実はそこから「広島につながっている」ということを世界に発信すべきだ。ってこと。広島市長が8/6のメッセージでそうした言葉を入れたことはないのでは・・・?(広島は世界で初の核被害をうけた悲しい街であるということは述べるのだが、)。

その後に続く数々の水爆実験、太平洋の島々で核実験の闇に葬られてきた人々、第五福竜丸の被曝・・・、核保有の最大の手段である「原子炉」をつくり、原子炉のオプションについてくる「湯沸し機能」を発電に使っているだけの原発・・・。スリーマイル、チェルノブイリ、福島、・・・それでもなお今もこの国で続く原発推進の流れ・・・。
加えてその影には、必ず、原発には労働者の被曝問題もあり、
核実験ではその計り知れない被害者の存在もある。
「豊かさ」とやらのために・・・。

どうやら、人は権力を持ったら、核を豊かさに必要なものだと思うのかな・・・。

広島は・・・、声高に「世界初の」核の被害者だと公に発言した瞬間、実は、広島に至るそうした歴史のつながりを否定してしまうことになる。広島の子供たちさえ、そのつながりを知らないままになってしまう。
それはつまり、その瞬間に、広島はただの・・・、つまり・・・、
この言葉を書くことはとても勇気がいるし、本当に涙が出るのですが、被害者の悲劇を利用した「ただの、原爆観光地に成り下がってしまう」んだ・・・。
あるいは、政治や経済に利用するための象徴としてうまく利用され続ける広島になってしまう・・・。
ワタシたち広島の子どもたちも、そういう教育をされてきた。原爆の日の登校日に、怖い原爆の記録映画を見た後に、先生から「だから、これからは平和利用なんですよ」と言われ、原発の明るい未来のパンフレットを配られた。

これ以上は、言葉にできないです・・・。
広島は悲しい。悲しすぎる。

だから、自分たちが「初の」最も悲しいという表現に潜む罠に気づいて、それをあらためて、実はその悲劇は脈々と世界とつながってきたものであり、そして現在進行形であるということを知らなければ・・・。
そうじゃなきゃ・・・、
わしの婆ちゃんは、権力者達にうまく利用されるために、あの原爆の悲劇の中を父ちゃんたちを連れて必死で逃げて生き延びたんじゃない。
ましてや、亡くなった大勢の、大勢の、大勢の・・・、なおさらだ・・・。

ちなみに、インドのボパールにある化学工場(アメリカのユニオンカーバイド社)が1984年に起こした毒ガスの最悪のガス漏れ事故があるのですが(現在までに死者2万人を超え、いまだ約60万人が後遺症に苦しむ)、ここでは、その事故の犠牲者を悼む碑に刻まれた碑文にて歴史の流れを断ち切ることなく広島にも言及しており、このような悲劇が繰り返されることのないように母子像が立ち続けています。
こんなこと、ワタシは、知らんかった・・・。(追記:この碑文の広島については、毒ガス工場があった大久野島のことを指しているのかも知れません。あるいは原爆による放射能汚染と毒ガス工場による汚染を含めているのかも。・・・また勉強しておきます)

もう一度、会場の様子を・・・
聴きに行って本当に良かった。しかし、これだけ重要な話を聞けたのに、こんなに人が少なかったのも事実・・・。

樋口さんが命を懸けて写真を撮って伝えなければ、原発労働者の過酷で悲惨な労働環境の「実態」は、あの原発広報パンフレットのコンピュータルームにかき消されて見えないままだったと思う・・・。
(樋口さんの写真集は、アビエルトの本棚にも置いてありますので、ぜひご覧ください)

自分たちの無知を恥じると共に、まず己の無知を知り、
命を懸けて闇に消されようとする真実の声を伝え続けてくれている方に感謝し、
それを知ろうとすること。
自分達の立ち位置でできることを探し続けて実行すること。

そんなことを噛み締めながら、街の喧騒に出ると・・・、
派手な電飾の明かりに心が暗くなりつつ、
素朴に生きる力とその権利とは何かを考えたり。

いよいよ次の農園仕事では、土を耕して大根を植える準備だ。
おす!

美味しい大根、つくるど!!!!
みんなで食べようで!!




[PR]
# by kazeashi | 2017-10-10 12:12 | THE KAZEASHI | Comments(0)

農園だより.83

7日。
まずはカゼアシの音あわせをすべく、朝からアビエルトに集合。
ついこの前まで楽市楽座一家が家財道具など持ち込んで滞在していたのに、
いつものガランとした空間に戻っていて、ちょっと寂しくもあり。
また元気に旅を続けて広島に戻ってきてくれるのを楽しみにしておこうー!

さて、我々の音あわせにも熱が入り、
今週末にポレポレ帰省するときに演奏しようと思っている新しい曲たちが、
ズバズバっと仕上がりました!(自分たちの中ではすごい新境地。たぶん。笑!)

このTシャツは、楽市楽座の萌ちゃんが手書きで描いているもの。
珍しく一色で描かれたもので、カゼアシの「カラス」っていう曲にぴったり。萌ちゃんがこれを描き終えたと同時に予約して買っちゃった。笑。

それから、大槻さんの絶品ランチを食って、
やっと農園へ。笑。(って、やるきあるんかい!?笑)


前回、かなり夏の名残を片付けた畑を、さらに草をむしりとって、耕運機をかけることができる状態まで作業をしていきます。
こちらは、秋ジャガです!
夏に収穫したジャガイモから秋ジャガができました(というか、勝手に育ってました。笑!)サイコーですね。笑
ダイちゃんも来ていたので、完全に畑のおっさん同士の会話で盛り上がりつつ、
アビエルトでのんびりしたり。。

で、
その翌日は、樋口健二さんっていう原発労働者の知られざる悲劇的な実態について
深く鋭く追求し続けている写真家の講演会があるってんで、
ぜひ話を聴きたくて出かけたのですが・・・、

つづく!



[PR]
# by kazeashi | 2017-10-09 16:56 | 農園だより | Comments(0)